easy

「なんだかなあ」

その言葉で、直人は店員の去って行く後姿を追っていた視線を前に戻す。

少し食事をするには心もとない円形の小さなテーブル越しに、切れ長な目をさらに細め怪訝そうな亜紀の視線とぶつかる。

こういう彼女の何かを悟ったような言動に、いちいち反応することもなく、ようやく慣れてきた直人であったが、やはり気持ち良いものではない。

「なに?」と、咄嗟に言葉がでてしまう。

言ってしまった後、すぐに後悔する。

「だってさ、直人のそれって弱いんだもん」とまた亜紀特有の遠回りな言い回しで話し始める。

亜紀が言うにはこういうことなのだ。

直人たちは最初、4人がけのテーブルについた。特に店内は混んでいたわけでもなく、店員も特に案内もせず、何も言われなかったからだ。

メニューを選んでいる間に一組、二組と入ってきて気づくと店内はカウンターと今、直人たちが座っている二人がけの小さなテーブル席しか空いていない状況になっていた。

そこにまだ幼稚園に行っているかいないかの小さな男の子を連れた夫婦が入ってきた。なんとなく直人はその様子を伺っていた。カウンターは空いてはいるが、小さな子供連れには少し窮屈そうに見えたし、二人がけの席も子供用の椅子を置いたとしても、荷物が多い家族には辛そうだった。

案内しようとした店員も少し困ったような表情で店内を見回している。なんとなく、どちらともどうしていいのか分からない状態のように見えた。

直人はとっさにその時、店員に席を替わるように言っていた。

その直人の行動が、亜紀に言わせれば「弱い」のだ。

「優しいってさ、強い優しさと弱い優しさがあると思うの」

亜紀はとても重要な発言を自分はしているのだというよう勢いで直人に向かってくる。

「優しさに強弱でもあるの?」と直人はとぼけてみせる。

そこでまた、亜紀は勢い増し続けてくる。

優しさが弱いのは本当の優しさではない。それは多分、人に向けた優しさのようで本当は自分に向けたものだと。

亜紀が言わんとすることは分からないでもない。

ただ、直人はあの時、「よい人に見られたいだとか、大きなテーブルに座っている自分が居心地が悪いから」というのは確かにあったのかもしれないが、それよりも立ち尽くしている店員とその家族がいたたまれなくなったからなのだ。

ただそれだけだったはずだと思う。

「分かる?直人のそれは多分、自分に向けた優しさなんだよ」と亜紀は言葉を閉める。

直人を攻めているわけではないのは分かっているが、きちんとそういうことを理解しなさいと諭すような亜紀の口調に、直人は慣れたと思っていたが、そうではない自分がいることにまた気づく。

f:id:shu-cafe:20130212105449j:plain

弱いだとか、強いだとか、そんなことはどうでもいいんじゃないかと、随分と待たされて運ばれてきたパスタを口に運びながら直人は思う。

どこに向けられて発した優しさだろうが、受け取った側がそれを「優しさ」だと思えば、それはもう完全な「優しさ」のはずだ。

自分がどうこうできるわけではないのだ、ただ相手に委ねるしかない。

小さなテーブルなので、目の前で熱そうなスープパスタに悪戦苦闘している亜紀の顔がやたら近く、その食べている顔が可笑しく思えて直人は少し笑ってしまった。

そしてまた、そんな直人の表情が視界に入ったらしく、「何、笑ってるの、気持ち悪いわよ」と亜紀が睨みながら言ってくる。

「優しく微笑んでだろ、優しく」と直人はわざとらしく強く言ってみる。

「何それ、やっぱり弱いじゃなくて直人のは気持ち悪いだね」と亜紀が微笑む。

自分を守るものだろうと、弱かろうと、気持ち悪い優しさだろうと、亜紀にはどう受け取られようといいのだと直人は思う。

亜紀の後ろのテーブルでさっきの家族が楽しげに食事をしている。


それでいいのだと。

 

 

 

 

 

臨時休業

本日 16日(日曜日)
大変申し訳ございませんが、臨時休業させて頂きます。
ご迷惑おかけしてもうしわけございません。よろしくお願いします。

13周年

今月、11月1日で shu cafe は13周年を迎えました。
まず思ったのが13年もやっているのかあ、という感想でした。
少し前ならまだこれだけしか経っていないのかとかだったのが、10年を過ぎたあたりから前者のほうが強くなってきたように思う。
と言っても、そんな長い年月をやってきたようにも思えず、オープンの頃などつい最近のように思えてしまう部分もある。

13年という数字だけ見ればなんかすごい月日のように感じるのだけど、いつも思ってしまうのが「まだまだなんだよなあ」ということ。
いつも「まだまだ」、いつになったら少しは納得できたり、満足できるのだろうかとそんなことを考えてここまできているような気がする。
それでも、やはりこうしてここに居られるということは、いろんな周りの方に感謝をしないといけないのだなと思う。
これまで shu cafe に関わって頂いた方、スタッフの方、そして来て頂いたお客様に。
多分、当たり前なんですがこの中で一つでも欠けてしまうと shu cae という場所はたちまち成り立たなくなってしまう。
何一つ一人でなんてできないし成り立たない。そういう場所に自分はいるのだと強く感じる。
13回繰り返しているのに、いつも思うことは「まだまだ」と「感謝」、後は、少し前に進んでいる「成長」みたいなものをプラスしていきたい。
これもまたいつも通りの願望だ。
もう11月も半ばを過ぎて、14年目に突入しておりますが、また14年目も shu cafe をよろしくお願い致します。

まあ

朝起きるときは「寒いなあ」と思っていても、日が昇りお店の中で動いていると「暑いなあ」と思ったりしていると、また薄暗くなるころには寒く感じたりするこのごろ。
それが一日の中で行われたり、一週間の中で目まぐるしく行われたりして中々今年の冬は慌しい。
昨年から shu cafe はというとスタッフが入れ替わったり決まらなかったり、慌しい訳ではないのだが少し落ち着かない。
現在も「絶賛!募集中!」の」状態が続いています。
少しでも興味のある方や、お話だけでもという人があればお気軽にご連絡ください。
? 0599-43-1235 までよろしくお願いします。
さて、もう一つ。
最近、ケーキにちょっと新しいものも入ってきております。

ホワイトチョコレートのチーズケーキ 430円」
個人的にホワイトチョコレートが好きで、これを使ってケーキを作りたいなあ、と思っていました。
なかなか濃厚な味わい深いチーズケーキに仕上がりました。

口の中で最後に広がるホワイトチョコの味わいが少し癖になる感じになっています。

ホワイトチョコが好きな方にはお勧めです。濃い目のドリンクと一緒に頂くのがよいかと。


ロイヤルミルクティーのシフォンケーキ 380円」
シフォンケーキも違うものを作りたいなあといつも思いながら、なかなか定番のケーキにできるものができず、過去にもチャレンジしたもののうまくいかなかった紅茶を使ったシフォンケーキ
今回はお店でも出している「ロイヤルミルクティー」をさらに濃く煮出したものを使用したシフォンケーキに挑戦。
焼いている時から、アールグレイの香りを感じることができる、香り豊かなシフォンケーキができました。
シフォンケーキの軽やかさとアールグレイの香りが良い感じにマッチしています。
こちらはどんなドリンクでも合うと思いますのでお茶のお供にいかがでしょうか。

後、いつもお店に出ているわけではございませんので、その点だけご了承ください。
よろしくお願い致します。

本日 臨時休業

本日 臨時休業 となります。

急な臨時休業になり、ご迷惑おかけして本当に申し訳ございません。

こちらの都合による休業で、お盆期間というのもあり、心苦しいのではありますが、
開店することによって逆に、お客様にご迷惑をおかけしてしまうとの判断でのことになりました。

本当にご迷惑をおかけします。
申し訳ございませんでした。

お盆期間の営業時間変更のお知らせ

8月13日(水曜日)〜17日(月曜日)

11時(OPEN) 〜 18時(17時LASTORDER)
となりますので、よろしくお願いいたします。

変わり目

なんだかぱっとしない日が続く。
暖かくなったと思ったら、また寒くなり、どんよりとした朝から気持ちが重くなりそうな日が多い。
季節のカワリメだからなのか。

変わり目と言えば。
shu cafe も新しいスタッフと共に頑張っています。
久しぶりのスッタフの交代。
結構、緊張しますね。新たな環境、関係って難しくもあり、楽しみでもあります。ちょっと四月っぽいです。新生活って感じで。

11時〜15時くらいの間でスタッフも募集しております。

土日、祝日勤務できる方を希望しています。
お気軽に  0599-43-1235 までお問い合わせください。